• tomoyo shiina

昔の写真フォルダを見返していて、ドゥブロブニクを一人旅してた時のことを思い出していました。


アドリア海の真珠と呼ばれるクロアチアのドゥブロブニク。

とても美しい場所には悲しい歴史の爪痕があるわけで、旧ユーゴスラビアからの独立宣言後、

旧ユーゴとセルビアとの間で三巴の激しい内戦を繰り広げた歴史があります。


散歩しながら旧市街とアドリア海をぐるりと見渡せる、城壁ウォークという人気のアクティビティがあるのですが、美しいテラコッタ色の瓦がとても新しいのをお分かりいただけるでしょうか。

なぜなら、その際の爆撃で8割の建物が破壊されてしまったから。

ところどころに見える古い瓦は、戦火を免れた唯一の場所だそうです。

市民の必死の復興によって、一度危機遺産リストに入れられたこの街は再び世界遺産に返り咲く。

大昔のことではなく、90年代の話。


私は世界遺産の定義を詳しく知らないけれど、里山を含めた街並の美しさや、人や文化、たくさんのミクロな視点を内包しているんだろうと思います。

(だから、世界遺産認定を頼りにしているようじゃだめなのよ。)


そんな時代の中で生まれたSobe(ソべ)というものは、いわゆる民泊。

そう、クロアチアは民泊のパイオニアでもあるのです。

ホテルが壊滅的になってしまった状況で、うちに泊まって!とおばさまたちが自宅を開放し始めたことが始まりだそう。

一度破壊されてしまったヨーロッパのリゾート地としての受け皿が蘇り始めたのは、そんなおばちゃん達が、愛すべき生きる場所の為に立ち上がったから。


宿は現地で、がデフォルトだった当時の私は、Sobeという存在があると知って、ちょっとドキドキしながら旧市街の門の前でバスを降りた記憶があります。

降りた途端に客引きのおばさまたちにとり囲まれる。(三密どころではない)

こちらも選ぶ権利があるけれど、あちらも客を選んでいる緊張感。目配せ、息遣い。

もう宿をとっているであろう人たちは、おばさまたちをスルーして払いのけ、旧市街の門をくぐっていく。


その時お世話になったSobeは、旧市街のど真ん中、飲み屋の上で、夜中まで人が騒いでいて全然眠れなかった。

シャワーの水圧がめちゃめちゃで、でもついてるだけマシか、と思ったこと。

食事は付いていないはずなのに、出かける時に、何か食べていきなさいと

おばあちゃんがキッチンの奥からスープとチキンと、パサパサのパンをご馳走してくれたこと。

同じような路地とドアが多くて帰るのに迷いまくったこと。

Sobeの前の狭い路地に張りめぐらされたロープにひしめく洗濯物や

至る所で頭上に溢れるように咲いていたブーゲンビリア。


何年も経った今、記憶に残っているのは、そんなことばかり。



今はSobeもインターネットで予約できるようになり、ホテル並みのSobeもあるようです。

政府が管理し、ランク付けをしていて、行くまでどんな場所なのか分からないスリルはなくなったのかもしれない。

ダンボールを持った客引きのおばちゃんおじちゃんとの駆け引きも、もう時代遅れなのかもしれないなぁ。




今どうなっているんだろう。

  • tomoyo shiina

今日からお盆が始まりましたね。

佐渡に来て、盆花の売り場に蓮が並ぶことがとても新鮮でした。

盆の花といえば、私の故郷は菊、禊萩、桔梗、鬼灯とかだった気がするのですが。

地域によって供えるお花が違うということを、あまり気にしたことがありませんでした。

葉も売られていたのですが、お供え物を乗せたりするのかな。

帰省できないので、一輪買って帰ろうかと思ったら、どこも売り切れてました。残念。

それだけ蓮を供える人が多いんだな。想像したただけで気持ちがシャンとする。


”泥より出でて泥に染まらず”

極楽浄土に咲くと言われる花。インドやスリランカ、ベトナムの国花でもあり、

仏教、ヒンドゥー教、密教共通の神聖な花とされています。

一つの花に共通の神秘性を持つ、アジアの不思議。

この世とあの世。泥は俗世、悟りは花。植物に自身を投影し重ね合わせるのは人間の性かも知れない。



学名:Nelumbo nucifera

学名はシンハラ語から来ているそうです。




鮮やかで大きな葉と、花の白から桃へ変わるやらわかなグラデーションのコントラスト、ふっくらとした蕾をみているだけで、満たされた気持ちになります。



明治〜昭和の花鳥画絵師

小原古邨による

『蓮と雀』


花托(かたく)と呼ばれる蓮にしか見られない構造もしっかり描かれています


『踊る狐』

https://www.mfa.org/

蓮の葉を頭に乗せて、愛らしい



スイレン目スイレン科に属していたのが

ヤマモガシ目ハス科に変わったらしく、ヤマモガシ目?って調べたら、スズカケノキとかバンクシアとか、似ても似つかなくて混乱しました。笑



古代エジプトでも象徴とされた蓮

生活が極めて貧しかった沼地の住人は、ナイル河が氾濫した際、平地に繁栄する蓮の花を集め、日に乾かし、実や根を食していたそうです。

(ヘロドトス『歴史』)


1億年以上前にすでに地球上に存在していたと言われ、その種子は、何千年という時を超えても発芽する能力があるそう。

花は3〜4日かけて、午前咲き、午後に閉じるということを繰り返し散っていく。蓮は虫媒花なので、子孫を残すため、ハチや甲虫に受粉をしてもらい、命を繋ぐ。




チェーでも片手に、次の休みに島内の蓮池をまわってみようかなと思うお盆の初日です。


  • tomoyo shiina

Siltと8octoの改装の際に、とてもとても、お世話になった方がいます。

吉田励さん(励おじちゃん)。

佐渡に来たばかりで誰に尋ねたらいいかも分からず、大工さんがどうやっても捕まらなかった私たちが、全部セルフリノベーションする方へシフトチェンジしたのは、

「なんでも自分でやってみたらいいんじゃない?楽しいよ」という励おじちゃんの鶴の一声だった。

形のない、たくさんの’知恵’という財産を授けてくれた。もっとこれから一緒に遊ぼうと思っていたのに叶わなくなってしまった。


励おじちゃんが恋しくなって定期的に鼓童のブログを見返してしまう。そこには、今の私たちと同じくらいの年齢の、私たちの知らない励おじちゃんがいるからだ。

”吉田励さんを偲んで”というタイトルで6月に書かれた記事。

https://www.kodo.or.jp/kodo_blog/staff

その中の一文が、今ここで商売をする私に様々なことを問う。

宮本常一先生のことを敬愛していた吉田さん。

「観光とは、そこに生活している人々が、生き生きと光り輝いている姿を目撃するということだ」

との宮本先生の言葉を大切にされていました。

Silt、8octo共に、どちらかというと観光客向けではなく、地元密着型のお店だ。

地元のお客様が常日頃、消費活動をしてくれることで、私たちは食い扶持を繋いでいる。

でも不思議なことに、島外から注目していただけることがとても多くなって、

先日発売されたさどぼんの、最初のページに大きく掲載していただいた。

正直びっくりして、恐縮な気持ちと共に、編集長の風間さんへお礼を言いたくて電話を入れた。


風間さんは言った。「観光にいらっしゃる方は、植物もお酒も買って帰らないかもしれない。でも佐渡には古い良いものも残っている一方で、新しい人たちもたくさん入ってきて、新しいことを始めている。今の佐渡で何が起きているか、その象徴だと思ったんです。だから最初に持ってこようと僕は決めていたんです。」(風間さん、間違えていたらごめんなさい)


脳内で、励おじちゃんが大切にしていたという言葉が思い出される。忘れないように、反芻している。

(写真は一緒にシーカヤックで行った虫谷の入江。励おじちゃんが好きだった場所)

since 2019