• tomoyo shiina

庭のその先

「Andy&Williams garden will close!! 」

前のBossから届いた1通の衝撃的なLINEから始まった朝。

アンディアンドウィリアムスボタニックガーデンは、群馬県太田市にあるジョイフル本田に併設されている、国内では数少ない本格的なイングリッシュガーデン。ホームセンターであるが故、訪れる人の庭づくりの力になれるようにという明確な目的を持ち、造られたそうです。

https://www.joyfulhonda.com/aw/


いつか行こうと思っている間に、閉園のニュースとは・・・なんとも悲しい。

前にもあったな、そうだ、ハドスペン・ガーデン(昔の方の)に行きたいと思った時も、クローズしていたんだった。

ピナ・バウシュの踊りも、この目で実際に見てみたかったよなぁ。

あそこの寿司屋、行っとくべきだったなぁ・・・

などなど連鎖的に思い出すあれこれ。

行きたいところや会いたい人の為には時間を作って行動しないと、永遠に存在するということはないんだなぁ。


話は戻って、ジョイフル本田は新潟でいうところのコメリのような存在で(北関東の人はジョイ本て呼びませんか?)園芸コーナーがとても充実しているので、私も茨城に帰省すると、つい足がむいてしまう。

一企業がこれだけのガーデンを造り、長きに渡り維持管理をしてきたのはとてもすごいこと。

閉園後はどうなってしまうのか、気にかかるところ。



(写真は全然関係のない別の場所です)


庭は造られた時が始まりで、変化していく生き物。

手を入れることで、たくさんのものを返してくれる。

雇用を生みもするし、人の暮らしを支え、循環の場でもある。

数十年前のインリッシュガーデンブームで、日本にもたくさん造られたと聞いているけれど、

果たして令和の時代にうまくアップデートされ、循環し続けている場所はどのぐらいあるのだろう。


英国の庭園の深みは、何百年というスパンで守り守られ、時代と共に歩んできた大御所的庭の存在と、新しく創出してくるエネルギーが支えている。

地元民に愛され誇りとされる、美しい場所がいくつも存在しあって文化的な財産になる。

そして残っていくものには必ず、美しいだけではなく心を動かす物語が存在している気がする。


国内の私の知る数少ない庭園で、今パッと物語が思い浮かぶのは、大きいところだと北海道の十勝千年の森かなぁ。


”新聞は大量の紙を使う。環境破壊を毎日繰り返している仕事だ。植樹をして、森を造っていけば、カーボン(二酸化炭素)をオフセット(相殺)できる」-という志を立てたのは1987年ごろだった。”

(十勝千年の森 HPより)


十勝毎日新聞社が財を投じ、1000年先の未来への財産になるような森を造る、という使命感にも似た目的を持ってスタートしたプロジェクト。森、というネーミングが良い。


北海道という土地はその他にも魅力的なガーデンが多数存在し、繋がりあって、北ならではの庭園文化を創出している。

ガーデニングをする人で北海道を目指す人が多いのも納得できる。

羨ましい限りにその哲学が浸透している。


かつて権力や財力の象徴でもあった庭園という存在は、これからは所有という概念を超えて、

自然との境界も限りなく曖昧になっていくのかもしれないなぁ・・

なんてことを個人的に想像(妄想?)しています。

佐渡という庭園文化未開の地を選んだ私は、これから小さな物語を始めていかなければいけない。

庭のその先へ続く物語。



since 2019